宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

農地転用の審査基準

今日の法律問題は農地転用の審査基準についてご説明します。
農地転用とは、農地を宅地、駐車場、山林等に転換することです。
その土地の地目・課税台帳・実情のいずれかが農地である場合、農地転用手続が必要となります。

この農地転用の審査基準は、自治体によって異なる場合があり、例えば宇都宮市では次のような基準とされています。

市街化区域
宇都宮市農業委員会への届出で足りる。

市街化区域以外
転用する農地が、4ヘクタール以下の場合は宇都宮市農業委員会、4ヘクタールを超える場合は大臣の許可が必要。

(1)農用地区域
原則として不許可。
ただし、農家住宅敷地等については、農用地区域からの除外手続きを行い、その上で転用申請を行う。

(2)(1)以外の区域
農地の位置や自然条件・都市的環境により区分された立地基準(農地区分)、農地転用の必要性等によって審査。