宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

預貯金の相続

今日の法律問題は預貯金の相続についてご説明します。
銀行等の金融機関は、被相続人の死亡が確認された時、通常その預貯金口座を凍結します。

口座が凍結されると、預貯金の出し入れが一切できず、名義変更、解約手続等をするためには、相続人全員の同意が必要となります。
この同意は、遺産分割協議書を作成することで証明することができます。

手続方法は金融機関によって異なりますが、遺産分割協議書の他、金融機関独自の様式への記入や押印が必要となる場合があります。
しかし、預貯金残高によっては不要だったりと、その取り扱いはまちまちなようです。

また、手続上遺産分割協議書原本の提出を求められることもありますが、大切な書類なので予備がなければコピーを渡すようにしましょう。

宇都宮法務行政書士事務所では、相続、遺産分割協議書に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

遺言書・相続関係 top