宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

自動車損害賠償責任保険とは

今日の法律問題は自動車損害賠償責任保険(通称、自賠責保険)についてご説明します。
自動車保険には、自賠責保険と任意保険の2種類があります。
このうち自賠責保険は、自動車損害賠償保障法により、自動車、バイク、原動機付自転車の使用者が、必ず加入しなければならない保険です。(強制保険)

自賠責保険に未加入(有効期限切れ含む)の状態で自動車、バイク、原動機付自転車を運転すると、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられることがあります。
車検のある自動車や250ccを超えるバイクの場合、車検ごとに自賠責保険の契約更新を行いますが、車検のない250cc以下のバイクでは、知らない間に自賠責保険が切れてしまうこともあり、注意が必要です。

自賠責保険は、交通事故により死傷した被害者の保護救済を図ることを目的としています。
交通事故で相手方を死傷させた場合、ごく普通に運転していた場合でも、必ずといっていいほど賠償責任は発生します。
このため、交通事故の加害者が無資力のために、被害者が何の補償も受けることができないという事態を防止しているのです。

自賠責保険は、対人賠償(死傷した相手側の運転者、その同乗者、歩行者等)に限られています。
したがって、加害者のケガや自動車の破損に対し、賠償金は支払われません。

自賠責保険の支払い限度額は、次のとおりです。
傷  害 120万円
死  亡 3,000万円
後遺障害 4,000万円
なお、加害車両1台、被害者1人につきの金額です。

自賠責保険は、対人賠償だけであり、その保障額にも限度があるため、これを補う任意保険への加入をお勧めします。

車庫証明・自動車関係 top