宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

風俗営業許可の人的要件

今日の法律問題は風俗営業許可の人的要件についてご説明します。
風俗営業許可を申請するには一定の要件がありますが、その一つに人的要件というものがあります。
人的要件とは、風俗営業を許可する人間として問題ないか等といった要件です。
具体的には、風俗営業許可の申請者、管理者、役員(法人の場合)が次の事項に該当する場合、不的確とされています。

(1)成年被後見人、被保佐人、破産者で復権を得ない者。

(2)前科用件について一年以上の懲役若しくは禁錮の刑に処せられ、または主なものとして無許可風俗営業、公然猥褻、賭博、管理売春、児童淫行の罪を犯して一年未満の懲役若しくは罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者。

(3)集団的に、または常習的に暴力的不法行為その他の罪に当たる違法な行為で国家公安委員会規則で定められる行為を行うおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者。(暴力団員等)

(4)アルコール、麻薬、大麻、あへん、覚醒剤の中毒者。

(5)法令に違反して風俗営業の許可を取り消された者。(欠格期間は5年)

(6)風俗営業の処分逃れのため、取消処分の前に許可証を返納した一定の者で返納の日から起算して5年を経過しない者。

(7)(6)同様、処分逃れのため取消処分の前に消滅し、または許可証の返納をした法人の(5)の公示の日前60日以内に役員であった者で消滅または返納の日から5年を経過しない者。

(8)営業能力のない未成年者(その法定代理人が(1)~(7)のいずれにも該当しない風俗営業者の相続人を除く)

(9)法人の役員のうち(1)~(7)のいずれかに該当する者。

宇都宮法務行政書士事務所では、風俗営業許可申請手続に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

風俗営業許可関係 top

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。