宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

相続人の優先順位

今日の法律問題は相続人の優先順位についてご説明します。
相続には一定の優先順位があり、家族ならば誰でも相続できるわけではありません。

第1順位は子供、第2順位は実親・養父母、第3順位は兄弟姉妹となります。
配偶者はこれらの者と同順位で常に相続人となります。
例えば、Aが被相続人で、子供、妻、親、兄弟姉妹がいる場合、相続人は、子供と妻ということになります。
子供がなく、妻、親、兄弟姉妹がいる場合、相続人は妻と親になります。
子供と妻がなく、親、兄弟姉妹がいる場合、相続人は親のみとなります。
子供、親、妻がもいない場合で兄弟姉妹だけいる場合、相続人は兄弟姉妹となります。

また、相続に関して胎児は既に生まれたものものと扱われるため、妊娠中夫が死亡した場合、相続人は胎児も含めることができます。

遺言書・相続関係 top

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。