宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

在留資格認定証明書


今日の法律問題は在留資格認定証明書についてご説明します。
在留資格認定証明書とは、「短期滞在」以外で日本に入国予定の外国人が、入管法上の在留資格に該当することを法務大臣があらかじめ認定したことを証明する文書です。
この在留資格認定証明書は、入国審査手続の簡易迅速化を目的としています。

日本の学校、企業等が、外国人を留学生、経営者、社員等として受入れる、外国にいる家族を日本に呼び寄せる等の場合、この在留資格認定証明書があることで外国の日本大使館や領事館での査証(ビザ)の取得や日本の空港での上陸審査が簡易迅速になります。
在留資格認定証明書がないまま外国の日本大使館や領事館で査証(ビザ)の申請をした場合、様々な審査手続を必要とする為、審査に時間がかかってしまいます。

これに対し、在留資格認定証明書を交付された外国人は、その在留資格認定証明書を外国の日本大使館や領事館に提示して査証(ビザ)の申請をした場合、在留資格にかかる上陸の為の条件についての法務大臣の事前審査を終えているものとして扱われる為、査証(ビザ)の発給が迅速に行われます。
在留資格認定証明書は入国管理局に申請し、通常は日本側の学校、企業、親族、行政書士等が行います。

なお、その外国人が日本で行おうとする活動に在留資格該当性や基準適合性が認められる場合でも、その外国人が上陸拒否事由に該当するときは在留資格認定証明書は交付されません。
在留資格認定証明書は査証(ビザ)取得や上陸許可を必ず保証するものではありませんが、発効されればほぼ間違いなく入国できるようになります。

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。