宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

風俗営業許可の接待とは?


今日の法律問題は、風俗営業許可における「接待」についてご説明します。
風俗営業許可における「接待」とは、客の近くで話しをしたり、歌ったり、お酒をつくったりすることをいいます。
風俗営業許可の中で「接待」を行っていいのは、第1号営業と第2号営業のみです。

風俗営業第1号
キャバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ客の接待をして客に飲食をさせる営業。

風俗営業第2号
待合、料理店、カフェその他設備を設けて客の接待をして客に遊興または飲食をさせる営業(前号に該当する営業を除く。)。

つまり、主な違いは客にダンスをさせるかどうかで、一般的なスナック、キャバクラ等のほとんどは第2号営業にあたります。
なお、第1号営業許可には客室の広さに制限があります。

風俗営業許可における「接待」の事例としては、例えば次のようなものが該当します。
・客の近くで継続して話し相手となったり、酒等を提供したりすること
・客に対してダンス、ショー等を見せたり聞かせること
・客とともにゲームを行うこと
・客の近くで一緒に歌ったり、歌うことをすすめたり、拍手をしたりすること

宇都宮法務行政書士事務所では、風俗営業許可申請手続に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

風俗営業許可関係 top

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。