宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

産業廃棄物収集運搬業許可

産業廃棄物収集運搬業許可
今日の法律問題は産業廃棄物収集運搬業許可申請手続についてご説明します。
産業廃棄物収集運搬業許可とは、産業廃棄物の収集運搬を業として行うために必要な許可をいいます。
産業廃棄物収集運搬業許可は、産業廃棄物を積む場所と降ろす場所それぞれにおいて、その場所を管轄する都道府県知事の許可が必要となります。
ただし、保健所政令市については、都道府県知事ではなくその市長へ許可申請手続を行います。
保健所政令市とは、政令指定都市や中核市等個別に指定された市をいい、栃木県の場合は宇都宮市がこれに該当します。
例えば、産業廃棄物を栃木県那須塩原市で積み栃木県宇都宮市で降ろす場合、栃木県と宇都宮市の許可が必要ということになります。

なお、産業廃棄物収集運搬業許可の有効期限は5年間です。
許可期限以降も引き続き産業廃棄物収集運搬業を行う場合は、許可期限までに更新許可を受ける必要があります。

また、収集運搬を行う産業廃棄物が、廃油、廃酸、廃アルカリ、感染性産業廃棄物、特定有害産業廃棄物、または輸入廃棄物である場合、通常の産業廃棄物収集運搬業許可とは別に、特別管理産業廃棄物収集運搬業許可を取得する必要があります。

さらに、産業廃棄物収集運搬業許可は、積替え保管がない場合とある場合とで区分されています。
(1)積替え保管がない
産業廃棄物を一度も降ろさずに中間処理施設や最終処分場へ直行することです。
(2)積替え保管がある
運搬効率向上等のため、中間処理施設や最終処分場へは直行せず、ある場所に保管施設を設置し、そこで産業廃棄物を一旦降ろしてから大型車両等に乗せかえて処理施設や最終処分場まで運ぶこと等をいいます。
積替え保管は、産業廃棄物の搬入と搬出を伴い、一時的に産業廃棄物を貯めるため、周辺環境への影響を考慮し、許可条件が難しくなっています。

宇都宮法務行政書士事務所では、産業廃棄物収集運搬業許可申請手続に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

産業廃棄物処理業関係 top

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。