宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

産業廃棄物とは?

今日の法律問題は産業廃棄物についてご説明します。
まず廃棄物とは、「ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体、その他の汚物または不要物であって、固形状または液状のもの。」と定義されています。(廃棄物処理法)
この廃棄物は、大きく分けると産業廃棄物(産廃)と一般廃棄物に分類され、次のようになります。

産業廃棄物(全20種類)
事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくずコンクリートくず陶磁器くず、鉱さい、がれき類、ばいじん、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、動物系固形不要物、動物のふん尿、動物の死体、その他(13号廃棄物)をいいます。
処理責任者は原則として排出事業者となります。

なお、産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性、その他人の健康等に被害を生ずるおそれがあるものを特別管理産業廃棄物といいます。

一般廃棄物
産業廃棄物以外の廃棄物をいいます。
主に家庭ごみで、処理責任者は市町村等となります。

産業廃棄物のなかでも、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、動物系固形不要物、動物のふん尿、動物の死体の7種類については、特定業種から出たものについては産廃となるが、それ以外の業種から出たものについては事業系一般廃棄物となります。
例えば、オフィスで出たコピー用紙等は事業活動に伴って生じた廃棄物となりますが、オフィスは特定業種ではないため事業系一般廃棄物となります。

宇都宮法務行政書士事務所では、産業廃棄物収集運搬業許可申請手続に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

産業廃棄物処理業関係 top

コメントを書く

コメントを投稿するにはログインする必要があります。