宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

風俗営業許可の罰則

今日の法律問題は風俗営業許可の罰則についてご説明します。
風俗営業許可には様々な厳しい罰則があり、例えば無許可で風俗営業を行った場合、2年以下の懲役もしくは、200万円以下の罰金に処し、またはこれらを併科するとされています。
また、無許可営業で捕まると、刑の執行後5年間は風俗営業を営むことができません。
刑の執行を受けた方が役員として入っている会社も同様です。

風俗営業許可(1号~6号)に関する具体的な罰則には、主に次のようなものがあります。

2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金またはこれの併科
・無許可営業
・不正手段による許可の取得
・名義貸し
・営業停止等処分違反

1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金またはこれの併科
・構造設備の無承認変更
・不正手段による構造設備等の変更承認の取得
・年少者保護の禁止行為違反

6月以下の懲役若しくは100万円以下の罰金またはこれの併科
・客引き(つきまといや立ちふさがり行為を含む)

100万円以下の罰金
・住居等へのビラ等の頒布、制限区域等内での広告物の表示
・接客従業者等の生年月日等の確認義務違反

50万円以下の罰金
・許可申請書等の虚偽記載

宇都宮法務行政書士事務所では、風俗営業許可申請手続に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

風俗営業許可関係 top