宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

相続の放棄


今日の法律問題は相続の放棄についてご説明します。
相続放棄とは、相続の効力を確定的に消滅させるもので、相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に被相続人の最後の住所地の家庭裁判所へ申述する必要があります。
最近では、債務超過にある遺産の相続を免れるために相続放棄するケースが多いようです。
放棄した者は初めから相続人でなかったものとみなされますので、法定相続分の算定にも入りません。

また、相続放棄は代襲相続の原因とはなりません。
つまり、相続放棄した者の子は当該相続人になれないことになります。

相続放棄申述書は受理されると申述期間内でも撤回できません。
ただし、相続放棄が次のようになされた場合、相続放棄の取消を申述することができます。
(1)法定代理人の同意なく未成年者によってなされたとき
(2)成年被後見人によってなされたとき
(3)保佐人の同意を得ないで被保佐人によってなされたとき
(4)詐欺または強迫によってなされたとき
(5)後見監督人がいるのに後見人がその同意を得ないで被後見人を代理し、または未成年被後見人に同意を与えてなされたとき

また、相続放棄申述書が偽造であったり、相続対象等に錯誤があった場合、受理された相続放棄申述書は無効とされています。

宇都宮法務行政書士事務所では、遺言書や相続に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

遺言書・相続関係 top

風俗営業許可の罰則

今日の法律問題は風俗営業許可の罰則についてご説明します。
風俗営業許可には様々な厳しい罰則があり、例えば無許可で風俗営業を行った場合、2年以下の懲役もしくは、200万円以下の罰金に処し、またはこれらを併科するとされています。
また、無許可営業で捕まると、刑の執行後5年間は風俗営業を営むことができません。
刑の執行を受けた方が役員として入っている会社も同様です。

風俗営業許可(1号~6号)に関する具体的な罰則には、主に次のようなものがあります。

2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金またはこれの併科
・無許可営業
・不正手段による許可の取得
・名義貸し
・営業停止等処分違反

1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金またはこれの併科
・構造設備の無承認変更
・不正手段による構造設備等の変更承認の取得
・年少者保護の禁止行為違反

6月以下の懲役若しくは100万円以下の罰金またはこれの併科
・客引き(つきまといや立ちふさがり行為を含む)

100万円以下の罰金
・住居等へのビラ等の頒布、制限区域等内での広告物の表示
・接客従業者等の生年月日等の確認義務違反

50万円以下の罰金
・許可申請書等の虚偽記載

宇都宮法務行政書士事務所では、風俗営業許可申請手続に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

風俗営業許可関係 top

土地賃貸借契約書(雛形)

今日の法律問題は土地賃貸借契約書についてご説明します。
賃貸借契約とは、一般的に、土地や建物等の使用を相手方にさせ、相手方がこれに対してその賃料を支払う契約をいいます。
通常、賃貸借契約の際には賃貸借契約書を締結し、トラブル防止等を図っています。
下記に土地賃貸借契約書の雛型を掲示しておきますので、参考にして下さい。

土地賃貸借契約書(雛形)



賃貸人AAA(以下「甲」という)と賃借人BBB(以下「乙」という)は、次のとおり土地賃貸借契約を締結する。

第1条  甲は、次の土地(以下「本件土地」という)を乙に賃貸し、乙はこれを借り受け、賃料を支払うことを約する。
      栃木県宇都宮市……    ……㎡

第2条  本契約の期間は、平成…年…月…日から…年間とする。
2  契約期間満了にあたって、甲が本件土地を自ら使用する必要があるときは、本契約の更新を拒絶することができる。

第3条  賃料は、月額金……円とし、毎月…日限り、乙は翌月分の賃料を一括で甲に対し持参または送金して支払う。
2  乙が、前項の賃料を3ヶ月以上遅滞したときは、甲は何らの催告なくして本契約を解除することができる。
3  第1項の賃料が、経済事情の変動、公租公課の増加、近隣の賃料相場と比較して不相当となったときは、甲は契約期間中であっても賃料の増額を請求することができる。

第4条  乙は、甲の書面による事前の承諾なくして、次の行為をしてはならない。
     (1)本件土地賃借権を第三者に譲渡すること
     (2)本件土地を有償か無償かにかかわらず転貸すること
     (3)本件土地に建造物を建てること
     (4)その他前各号に準ずること
2  乙が、前項の定めに違反したときは、甲は何らの催告なくして本契約を解除することができる。

第5条  天災地変、公用徴収等、甲及び乙いずれの責にも帰すことができない事由により、本件土地が使用できなくなったときは、本契約は失効するものとする。
2  前項の場合は、甲乙相互に、損害賠償の請求をしない。

第6条  乙が、本件土地を利用するについては、近隣との協調を保ち、他に騒音、排気ガス等により迷惑をかけてはならない。

第7条  本契約が終了し更新されないとき、または乙の責に帰すべき事由により本契約が解除されたときは、乙は直ちに本件土地を現状に復した上、これを甲に返還しなければならない。
2  乙が、前項の義務を履行しないときは、甲は乙の費用において本件土地を現状に復することができる。
3  乙が、契約終了後なお本件土地を使用するか占有を解かないときは、その日数に対し賃料の倍額に相当する損害金を、甲に対し支払わなければならない。
4  乙は、本件土地の明け渡しに際し、甲に対し移転料その他これに類する金銭等の請求を一切しないものとする。

第8条  甲及び乙は、誠実に本契約を履行するものとし、本契約に定めのない事項の生じたときや本契約各条項の解釈につき疑義を生じたときは、相互に誠意をもって協議解決する。
2  本契約に関する紛争については、甲の居住地の管轄裁判所とする。

 本契約締結の証として本書2通を作成し、双方記名捺印の上それぞれその1通を保有する。

       年  月  日
             甲             印
             乙             印


※この業務委託契約書はあくまで雛形です。全て自己責任のもと使用して下さい。

契約書・示談書等 top

人文知識・国際業務の在留資格

今日の法律問題は人文知識・国際業務の在留資格についてご説明します。
人文知識・国際業務とは、例えば文系を専攻していた外国人が、大学卒業後、日本で法律・経済等の人文知識を要する仕事を行なう場合や、通訳・翻訳等の国際業務を行なう場合に必要となる在留資格です。

人文知識・国際業務の在留資格を取得するための具体的な基準は、主に次のとおりです。

人文知識
(1)従事しようとする業務について、必要な知識に係る科目を専攻して大学を卒業し、若しくはこれと同等以上の教育を受け、または従事しようとする業務について10年以上の実務経験により、当該知識を修得していること。

(2)日本人が従事する場合と同等額以上の報酬を受けること。

国際業務
(1)外国の文化に基盤を有する思考または感受性を必要とする業務に従事しようとする場合は、次のいずれにも該当していること。
①翻訳、通訳、語学の指導、広報、宣伝または海外取引業務、服飾若しくは室内装飾に係るデザイン、商品開発その他これらに類似する業務に従事すること。
②従事しようとする業務に関連する業務について3年以上の実務経験を有すること。ただし、大学を卒業した者が翻訳、通訳または語学の指導に係る業務に従事する場合は、この限りでない。

(2)日本人が従事する場合と同等額以上の報酬を受けること。

人文知識・国際業務の在留資格で認められる在留期間は3年または1年です。
許可された在留期間満了後も現在と同じ在留活動を行いたい場合は、法務大臣に対し在留期間更新許可申請を行い、在留期間更新の許可を受けなければなりません。

動物取扱業登録申請手続


今日の法律問題は動物取扱業登録申請手続についてご説明します。
ペットショップ、トリマー等の動物取扱業を行うには、事業所毎、業種毎に都道府県知事等の登録を受ける必要があります。(動物の愛護及び管理に関する法律)
また、動物取扱業登録には5年間の有効期限があり、5年毎に更新手続を行う必要があります。

動物取扱業とは、簡単に言うと、有償・無償を問わず、一定以上の規模により営利目的で動物の取扱いを行う行為をいい、具体的には次のとおりとなります。
(1)動物の販売(インターネット等による動物の通信販売業を含む)
(2)動物の保管(動物を一時的でも預かる美容業者を含む)
(3)動物の貸出し
(4)動物の訓練
(5)動物の展示

なお、畜産農業に関する動物や実験等に利用されることを目的に飼養、保管等される動物は除きます。
また、一つの事業所で、例えばペットショップとペットホテルの事業を営む場合、販売業と保管業の登録申請が必要となります。

動物取扱業者は、事業所毎に動物取扱責任者を置かなければなりません。
動物取扱責任者は、その事業所に常勤し、次のいずれかに該当していることが要件です。
(1)半年以上の実務経験を有すること
(2)トリマー養成学校等を卒業していること
(3)獣医師、愛玩動物飼養管理士、家庭動物販売士等の資格を有すること

なお、動物取扱責任者は年1回以上、都道府県知事等が行う動物取扱責任者研修を受講しなければなりません。

宇都宮法務行政書士事務所では、動物取扱業登録申請手続に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
手数料については、31,500円~と設定しております。

各種営業許可等 top