宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

風俗営業許可の変更届出手続

今日の法律問題は風俗営業許可の変更届出手続についてご説明します。
風俗営業者は、次の事項等に変更があった場合、変更後10日以内(法人の登記事項の変更は20日以内)に公安委員会へ届け出なければなりません。
・風俗営業者の氏名(法人の場合は商号)及び住所
・営業所の名称(屋号)
・法人役員の氏名及び住所
・管理者の氏名及び住所

営業所の内装を軽微に変更する場合、変更後1ヶ月以内(照明設備、音響又は防音設備に係るものについては10日以内)に届け出なければなりません。

なお、次の事項等を変更する場合、あらかじめ公安委員会の承認を受けることが必要です。
・営業所の大規模な修繕、模様替え
・客室の位置、数、床面積
・壁、襖その他営業所の内部を仕切るための設備
・営業の方法の変更にかかる構造又は設備

宇都宮法務行政書士事務所では、風俗営業許可の変更届出手続に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

風俗営業許可関係 top

債務不履行による契約解除

今日の法律問題は債務不履行による契約解除についてご説明します。
契約の相手方がその債務を履行しない場合、相当の期間を定めてその履行を催告し、その期間内に履行がないときは、契約の解除をすることができます。(民法541条)
つまり、相手方が債務を履行しない(商品を引き渡さない、代金を支払わない等)場合でも、いきなり契約を解除できるわけではなく、いつまでに債務を履行し、その期限までに履行しなければ契約を解除する、といった催告が必要となります。

契約解除により、契約は初めからなかったことになり、双方は原状回復義務(既に引き渡した商品を返還する、既に支払った代金を返還する等)を負い、場合によっては相手方に損害賠償を請求することができます。(民法545条)

契約を解除する際は、後々言った言わないと争いになりかねませんので、契約解除の意思表示は内容証明ですることをお勧めします。

宇都宮法務行政書士事務所では、内容証明郵便に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

内容証明関係 top

自動車損害賠償責任保険とは

今日の法律問題は自動車損害賠償責任保険(通称、自賠責保険)についてご説明します。
自動車保険には、自賠責保険と任意保険の2種類があります。
このうち自賠責保険は、自動車損害賠償保障法により、自動車、バイク、原動機付自転車の使用者が、必ず加入しなければならない保険です。(強制保険)

自賠責保険に未加入(有効期限切れ含む)の状態で自動車、バイク、原動機付自転車を運転すると、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられることがあります。
車検のある自動車や250ccを超えるバイクの場合、車検ごとに自賠責保険の契約更新を行いますが、車検のない250cc以下のバイクでは、知らない間に自賠責保険が切れてしまうこともあり、注意が必要です。

自賠責保険は、交通事故により死傷した被害者の保護救済を図ることを目的としています。
交通事故で相手方を死傷させた場合、ごく普通に運転していた場合でも、必ずといっていいほど賠償責任は発生します。
このため、交通事故の加害者が無資力のために、被害者が何の補償も受けることができないという事態を防止しているのです。

自賠責保険は、対人賠償(死傷した相手側の運転者、その同乗者、歩行者等)に限られています。
したがって、加害者のケガや自動車の破損に対し、賠償金は支払われません。

自賠責保険の支払い限度額は、次のとおりです。
傷  害 120万円
死  亡 3,000万円
後遺障害 4,000万円
なお、加害車両1台、被害者1人につきの金額です。

自賠責保険は、対人賠償だけであり、その保障額にも限度があるため、これを補う任意保険への加入をお勧めします。

車庫証明・自動車関係 top