宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

無権代理

今日の法律問題は無権代理についてご説明します。
何の代理権もないのに、代理人であるとして行われた行為を無権代理といい、原則として効力は生じません(民法113条1項)。
例えば、Aを自分の債務の連帯保証人とする契約を、Aを代理して他人との間で締結してしまうような行為が、これに該当します。

A本人は、当該無権代理行為を追認して有効にすることも、追認を拒絶することもできます。
追認とは、無権代理の効果を有効にするための意思表示です。
追認した場合、当該無権代理の効果が、無権代理行為時に遡ってA本人に帰属します(民法116条)。

他方、追認を拒絶した場合、当該無権代理の効果は本人に帰属しないことで確定します(民法113条2項)。
無権代理人は、本人の追認を得られない場合、相手方に対し損害賠償等の責任を負わなければなりません(民法117条)。