宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

相殺

今日の法律問題は相殺についてご説明します。
相殺とは、債権者と債務者に、同種の債権債務がある場合、その債権と債務とを対等額において消滅させる一方的意思表示をいいます。

例えば、AさんにはBさんに対する50万円の売上債権(売掛金)が、BさんにはAさんに対する100万円の貸金債権があったとします。
この場合、Aさんは相殺の意思表示をすることで、売上債権50万円分の債務が消滅し、Bさんに残り50万円を支払えばよいことになります。

相殺の原則的要件は次のとおりです(民法505条)。
(1)双方が互いに債務を負担すること
(2)双方の債権が同種の目的を有すること(双方とも金銭債権等)
(3)双方の債務(少なくとも自働債権)が弁済期にあること
(4)債務の性質が相殺を許すものであること