宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

手付

手付とは、売買契約等の締結の際、当事者の一方から相手方に交付する金銭等をいいます。

手付について、当事者においてどのような性質のものかを明示しない場合、その手付の性質は、証約手付(契約が成立したことを示す)であり、かつ、解約手付(両当事者の解除権留保)と推定されます。
解約手付とは、買主が売主に手付を交付したときは、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を放棄し、売主はその倍額を償還して、契約の解除をすることができるとするものです(民法557条1項)。

例えば、AさんがBさんから1000万円の土地を購入し、手付として100万円を交付したところ、Aさんは後日さらに条件のよい土地を見つけ、Bさんとの売買契約を解除したくなったとします。
通常、契約の解除は、Bさんの債務不履行等が必要ですが、この場合はAさんが交付した100万円を放棄することで、売買契約を解除することができます。

また、Bさんとしても、土地をさらに高値で買ってくれるCさんが現れたとして、Aさんとの契約を解除したい場合は、Aさんに手付の倍額である200万円を交付することで、Aさんに債務不履行等がなくても売買契約を解除することができます。