宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

贈与の撤回

贈与とは、当事者の一方が、自己の財産を無償で相手方に与える契約をいいます(民法549条)。
贈与も契約である以上、贈与者の「あげる」という意思と、受贈者の「もらう」という意思の合致が必要です。

贈与契約には、特段の書面は必要ありません。
ただし、書面によらない贈与は、履行の終わらない部分について各当事者が撤回できるとされています(民法550条)。

例えば、100万円の贈与契約を口頭で締結し、70万円を渡したとしても、残り30万円については、撤回できます。
他方、書面で贈与契約を締結すれば、残り30万円についても撤回できません。

なお、夫婦間については、婚姻中いつでも取消せるとされています(民法754条)。