宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

弁済の充当

例えば、債務者Aが債権者Bに100万円の貸金債務と200万円の代金債務を負っているとし、債務者Aが100万円弁済したとします。
この場合、弁済した100万円はいずれの債務に充当されるのでしょうか。

AB間において契約があればそれに従いますが、契約がなければ債務者Aは給付のときにおいて、その弁済を充当すべき債務を指定することができます(民法488条1項)。
債務者Aが指定をしないときは、債権者Bがその受領時において指定できますが、Aが直ちに異議を述べたときはその充当は無効です(民法488条2項・)。

AB共に充当の指定をしない場合や、Bの指定にAが直ちに異議を述べたときは法定充当となります。
法定充当の充当される順序は、
①弁済期にあるもの
②債務者のために利益の多いもの(利息や担保の付いた債権等)
③弁済期が先に到来したもの、または先に到来すべきもの
④以上の基準で先後が決されない場合は各債務の額に応じて充当されます。

また、充当方法に関する制限として、債務者Bが元本、利息、費用を払わなければならない場合においては、その給付を費用、利息、元本の順に充当しなければなりません(民法491条1項)。
この順序は当事者の合意による場合は別として、当事者の指定で変更することはできないと解されています。