宇都宮法務行政書士事務所

栃木県宇都宮市宝木本町1140-200(TMCビル内)
TEL 028-666-3005
FAX 028-666-3006

相続の限定承認

相続の限定承認とは、相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきことを留保して相続を承認することをいいます(民法922条)。
例えば、父が死亡し子が残されたとして、父がどのくらいの財産を持っているのか、また、どのくらいの債務をおっているのかが判然としない場合に、子は父の財産の範囲内でのみ債務を弁済するということができます。
こうしておくことにより、子は思わぬ責任を負うことを回避することができます。
限定承認をするには、原則として相続開始があったことを知ってから3か月以内に、相続財産の目録を作成し、これを家庭裁判所に提出して限定承認する旨の申述をしなければなりません(民法924条)。
また、相続人が複数いる場合、相続人全員で限定承認する必要があります(民法923条)。
限定承認がなされると、被相続人の債権者は、相続人に対し債権を請求することができますが、相続人固有の財産に対し強制執行することはできません。

宇都宮法務行政書士事務所では、相続に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

遺言書・相続関係 top